敏感肌のアイメイク

敏感肌のアイメイク

スポンサードリンク

アイメイクをしたら、目の周囲が赤くなったり痒みを感じたりした経験があるかもしれません。目の周囲は、皮膚が特に薄くて繊細なので、敏感肌ではない人も、しっかりとケアをした方が良いでしょう。また、敏感肌の人はアイメイクによって、まぶたが腫れたり強い痒みを伴ったりすることもあるので注意が必要です。
敏感肌の人にとって、自分に合う化粧品を見つけるのは大変なことでしょう。また、肌に優しいアイシャドウを探すのにも苦労すると思います。他の部分に塗ると問題のないものでも、まぶたに塗った場合に炎症が起きることがあるからです。
まず、メイクをすることは、肌にとっては刺激のあることを、知っておかないといけません。異物を肌の上に塗るわけなので、肌に良いものだとは言えないのです。メイクによって、赤く腫れたり、痒みを感じたり、膿を持ったりする症状が起こることがあります。
そこで、敏感肌の人でも使える化粧品、というものが注目されます。これらは、アレルギーテスト済みであったり、刺激となる成分が抑えられていたりするため、比較的、他の化粧品より低刺激となっています。ただ、敏感肌の人全てに合う、とは言い切れません。肌の状態やどんな物質に反応するのかは、人によって違いますし、生活環境においても異なるからです。
アイメイクはしたくても、炎症が起こるのが怖い、という人もいると思います。肌に炎症が起きている場合は、アイメイクをしない方が良さそうですが、適切なケアもしないでいると、肌に多くの刺激を与えることになりますそのため、正しい方法によるメイクは、肌を保護するためには大切なことなのです。敏感肌の人は、皮膚科医からアドバイスを受けて、肌への負担を抑えたメイクを心がけましょう。

スポンサードリンク

関連記事