アンチエイジングとは?

最近では、「アンチエイジング」を謳った化粧品がたくさんあります。「アンチエイジング」とは、老化の進行を遅らせることによって若さを維持する、という意味で用いられています。
基本的に、肌のアンチエイジングは、乾燥や紫外線を防いだり、コラーゲンなどを摂取してハリを保ったりします。また、生活習慣が乱れたり、ストレスが溜まったりしても、肌コンディションに影響が出るので、規則正しい生活を心がけ、ストレスを解消する必要があります。
アンチエイジング化粧品には、コラーゲンやコエンザイムQ10など、魅力的な成分が表示されたものがたくさんありますが、スキンケアの基礎は、体の外側につける化粧品ではなく、内側から調子を整えることにあります。
残念ながら、年齢を重ねれば肌の老化は進んでいきます。 そして、皮脂の分泌量が減少していくために、肌の水分保持力が低下し、乾燥敏感肌になってしまうのです。敏感肌の人が、紫外線からの刺激を受ければ、メラノサイトが過剰に働き、シミの原因となるメラニンが活発に生成されてしまいます。また、乾燥によって肌細胞がめくれると、その間にアレルゲン物質が入ってしまうこともあります。
このような状態にならないためには、保湿ケアを続けることが大切です。肌に十分な水分を補って、クリームなどで油分のフタをすることです。ローションパックも、保湿力を高めるための効果的な方法です。お金をかけなくても、毎日の保湿ケアによって、きれいで耐性のある肌を実現することができるのです。