思春期のにきびケア

思春期のにきびケアについて。若い人たちのにきびに対するケアは、10代の肌は脂性になりやすく皮膚の炎症が起きやすいことを踏まえて行います。一番に心がけなくてはならないのは、常に肌を清潔にする事です。夏場は特に発汗が多いので要注意です。汗はタオルで拭き取ったりサッと洗い流すことで雑菌の繁殖を抑制できます。様々な洗顔料が販売されいますが、肌の状態と相談しながら、弱酸性で肌の負担が少ない商品が向いています。外部刺激に弱くなつているにきびも含めて顔を洗うという時は、肌に負荷が少ない洗顔料を選びたいものです。洗顔フォームをよく泡立て、きめ細かい泡で顔を撫でるように洗いましょう。いくら顔を清潔にすると言っても、できてしまったにきびをごしごし洗ってしまっては、余計に刺激を与えてしまってケアにはなりません。思春期のにきびケアでは、よく泡立てた洗顔フォームでそっと洗ってから、念入りにすすいで吸水性のいいタオルで拭き取ります。市販のにきびケアクリームは、敏感肌用や乾燥肌用など色々な商品が揃っていますので、自分の肌に合わせたクリームを選択してください。あわないにきびケアのクリームをつけると、悪化する恐れもあるので注意しましょう。肌の状態を改善するためには、にきびケア用品の使用や洗顔の他、食事改善や睡眠時間の確保などもあります。