ミャンマー投資とミャンマー経済

中国、インド、タイなどと国境を接しているミャンマーは、ミャンマー投資をする上で、とても意義ある国と言えます。
人口は約6400万人とほぼタイに匹敵していて、増加傾向にあるので、今、ミャンマー投資は世界から注目されています。
軍事的な要所にもなるミャンマーは、中国企業の進出にとって格好で、ミャンマー投資をより活発化させています。

ミャンマー投資は、ミャンマー経済から予測される今後の経済発展と消費拡大のポテンシャルの波に乗っています。
これまでのミャンマー経済の動きから、ミャンマー投資への投資の累計額は、タイが1位でした。
エネルギーの調達と安全保障、インドへのアクセス、国境貿易と国境地域の治安をミャンマー投資で狙っています。
また、IT、ゼネコン、金融業界も相次いで進出していて、日本もミャンマー投資に対して余念がありません。
結果的に中国のミャンマー投資がタイを抜いて首位になり、ミャンマー経済に大きく寄与することになります。
ミャンマー経済は、増え続ける生産年齢人口とGDP上昇により、ミャンマー投資に対する魅力を益々高めています。
ミャンマー経済の魅力と成長をしっかり見据えた上でそのポテンシャルを把握し、ミャンマー投資をしていくべきでしょう。