ミャンマー投資の展望

ミャンマー投資の展望

スポンサードリンク

東アジアに唯一残されたフロンティアがミャンマーですが、現時点でのミャンマー投資はまだ少ない状況です。
ミャンマーの軍事政権による民主化抑圧に対する日米欧の経済制裁がミャンマー投資に影響をもたらしているものとされています。
経済開発の遅滞で、ミャンマーの生活水準は低いのですが、人件費が安いので、生産拠点としての価値があり、ミャンマー投資が注目されています。ミャンマー投資は、今大きな注目を浴びていて、多くの投資家が参入する中、今後の展望が注目されています。
ミャンマーは、26年間も鎖国のようなビルマ式社会主義を続けていたのですが、近年の民主化により、ミャンマー投資が注目されています。
ミャンマー政府は、輸出で得た外貨の範囲内でのみ輸入を認める政策を採っていることもあり、ミャンマー投資の展望には明るい材料があります。
実際、ミャンマーからの対日アパレル輸出が近年急増していて、ミャンマー投資と連動して好調です。
民主化要求デモで26年間続いた社会主義政権が崩壊したことで、ミャンマー投資の展望は大きく開かれました。
1990年には総選挙が実施され、2008年には新憲法が承認され、その頃からミャンマー投資が注目されはじめました。
その後、2010年に実施された総選挙や、新政権の発足により、ミャンマー投資は加熱を帯びてきます。

スポンサードリンク

関連記事