HDD 修理

HDDのデータ修復

パソコンに取り付けられているハードディスクは内部に複数枚の円板が入っています。
機械的な故障などでハードディスクが読めなくなった場合でも、内部のデータを取り出すというサービスがあります。
HDDのデータ修復というものです。
HDDはCDなどと同じように表面に目に見えない微細な電子データが書き込まれています。
これを特殊な機械を使って読み出すのです。
円板に傷が入っている場合は読み出せませんが、余程のことがない限りは読み出すことができます。
データ復旧のサービスでは、自分がどうしても取り出したいファイルを指定すれば、それだけを取り出してくれます。
費用は取りだすデータの量によって変わってきます。
ファイル単位やディレクトリ単位で復旧されますが、ひとつのファイルでもHDDのデータ上ではばらばらの位置に書き込まれていますから、完全に元に戻るかどうかは状況次第といえるでしょう。
仕事を行う上で重要な文書などであれば、そのようなサービスを利用するということも考えるべきでしょう。
しかしながら、このようなサービスを利用する前に大切なデータであればバックアップをしておくべきでしょう。
ハードディスクは壊れるものであるという考えを持っておかなければなりません。
バックアップは毎日行っておきましょう。
手動で行うのは確実ではありませんから、自動でバックアップしてくれるようなソフトウェアをインストールしておくことをお勧めします。
ほとんどのバックアップソフトが自動バックアップをサポートしています。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 土曜日, 1月 23, 2010

Categories: HDD 修理   Tags: , , ,

HDDを修理する

最近のパソコンには大容量のハードディスク(以下、HDD)が付いています。
たくさんのデータがあったとしても、大部分の人にとっては十分な容量でしょう。
ですから、なんでもかんでも入れているという状況にあるのではないでしょうか。
しかし、HDDは機械ですから、突然壊れてしまうということがあります。
CDのような円板が常時回転しているのです。
回転が止まってしまうとか、円板に傷が入るといったことが可能性としてあるということです。
HDDが壊れた時にメーカーに修理を依頼することはできますが、HDDの中を開けて修理をするということはできません。
新品HDDへの交換という形になります。
もちろん、中のデータは戻ってきません。
そのような事態になっても大丈夫なように、HDDのバックアップをしておくことが大事です。
HDDのバックアップは、無料のフリーソフトを始めとして、たくさんのソフトウェアがあります。
使い方はそれぞれですから、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。
壊れたHDDの中のデータを復活させるサービスもあります。
HDDが壊れたとしても、内部のデータの大部分は残っているのですから、中を開けることができれば理屈では復活させられます。
ファイルの復活のサービスについても、たくさんの業者が行っています。
HDDをパソコン本体から外して、送付すればデータをDVDなどに入れて送り返してくれます。
費用は内容やHDDの容量によって異なってきますが、2万円~20万円ぐらいの幅があります。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 金曜日, 1月 22, 2010

Categories: HDD 修理   Tags: , , , ,

HDDの故障

パソコンにはプログラムやデータを保存するためのHDDというものがあります。
この中はどうなっているのでしょうか。
CDと同じような円板が何枚も重なっており、高速回転しています。
パソコンに不要な衝撃を加えますと、円板の表面に傷が入ることがあり、これによってハードディスクは致命的な故障を起こすのです。
円板の一部分に傷が入っただけであれば、その部分を使用しない状態にして、その他の部分は正常に使用です。
しかし、傷が入った部分にあったファイルは壊れて読み出せなくなってしまいます。
ファイルが重要なものであった場合には、Windowsが立ち上がらないといったことになるかもしれません。
ですから、パソコンが起動中に衝撃を与えないようにしなければならないのです。
通常の使用状態であれば、それほど神経質になる必要はありません。
特にノートパソコンなどでは、起動中にパソコンの向きを変えるとか、場所を移動するといったことが日常的にあり得ますから、製造元でも衝撃対策を行っているからです。
それでもパソコンを落としてしまうといったことがあれば、故障の原因になるでしょう。
ハードディスクが動いている時は表示ランプが点滅したりしますので、その状態を見てからパソコンを動かすといった注意はしておいた方がよいでしょう。
ハードディスクにはたくさんのデータを入れることができますが、所詮は機械ですから、壊れることがあるのです。
壊れるかもしれないということを常に考えて、パソコンを使用しましょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 木曜日, 1月 21, 2010

Categories: HDD 修理   Tags: , , ,

ファイルの保存先

ワードやエクセルといったソフトを使う機会は多いでしょうが、作成したファイルがパソコンのどこにあるのかを理解しておく必要があります。
「最近使った項目」などからファイルを開くことはできますが、たくさんのファイルを開いてしまうと、必要なものが表示されなくなります。
その時になって、あのファイルはどこにしまったのかわからなくなって、無駄な時間を費やしてしまうことになるのです。
ファイルを保存する時に、自分がどこにしまうのかを確認してから「OK」を押すように日ごろから癖をつけておきましょう。
通常であれば「マイドキュメント」や「デスクトップ」でしょうが、ソフトウェアによっては別の場所に保存されたりします。
また、複数の人でパソコンを使用している時は、保存場所を合わせておいた方がよいでしょう。
ファイルの保存をする時は、ファイルの内容によって分類してわかりやすい名称を付けたフォルダの中にまとめて入れておきましょう。
このような作業は、パソコンに限ったことではありません。
机の上の整理整頓と同じことなのです。
机の整理ができない人は、パソコンのファイルの整理もできないのかもしれませんね。
パソコンの中がぐちゃぐちゃになっていると、一目で見渡すことができませんから、作業の効率が悪くなります。
特に仕事としてやっているのであれば、真剣に考える必要があるでしょう。
ファイルを整理整頓して、いつでも取り出せるようにしておきましょう。
ショートカットなどを活用することもよいでしょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 1月 20, 2010

Categories: HDD 修理   Tags: , , , ,

ファイルが消えた

パソコンを使っていて、必要なファイルを間違って消してしまったことはありませんか。
初心者に限らず、そのような操作ミスをすることは誰にでもあります。
パソコンのHDDは書き込まれたデータは確実に存在するのですが、消してしまうのも一瞬でできてしまいます。
操作ミスによるファイルの喪失というものは避けられないと考えるべきでしょう。
そのような時のためにファイル復活ソフトと呼ばれるものがあります。
パソコンの中ではファイルを削除するということは、実際にファイルのデータを消しているわけではありません。
ファイルの先頭部分に「未使用マーク」を付けるだけなのです。
ですから、削除してしまったファイルでも、その「未使用マーク」を元に戻してやれば、ファイルが復元できるというわけなのです。
ファイル復活ソフトは販売されているものもありますが、フリーソフトとしてもいろいろなものがあります。
ネットなどで調べて、一度使ってみることをお勧めします。
一度試しておけば、いざという時に慌てなくて済むということもありますが、ファイル復活のためにはある条件が必要ですから、そのためにもファイル復活ソフトを前もって準備しておくほうがよいのです。
それは、「未使用マーク」を付けられた部分は、パソコンが必要と判断した時点で別のファイルのための場所として使用されます。
そうなると元のファイルは完全に上書きされてしまいますから、復元はほとんど期待できません。
ファイルの復元をするにはなるべく早く行うことが大事なのです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 火曜日, 1月 19, 2010

Categories: HDD 修理   Tags: , , ,

HDDをバックアップする

HDD(ハードディスクと読みます)は、パソコンの中で一番大事ですが、一番壊れやすいものといえます。
HDDの中にはプログラムを含む、すべてのデータが保存されています。
あなたが書いた文章やデジカメのデータなども入っています。
消えてしまうと困ってしまうでしょうから、保険をかけるという意味でもバックアップというものが必要になります。
つまり、壊れてもいいように別の場所にコピーを保管するということです。
コピーする場合は、その日の時点でのパソコンのデータをUSBメモリーやDVDなどにコピーするということが手っ取り早いでしょう。
バックアップの方法としては、単純にコピーする方法と、新規作成や更新などをしてファイル内容が変わったところだけを選んでコピーするという方法があります。
後者は差分バックアップと呼ばれます。
単純なコピーであれば、コピー元とコピー先を開いて、コピー・貼り付けをするだけで済みますから特別なソフトは必要ありません。
差分バックアップをする時は、バックアップ専用のソフトウェアを使用しなければなりません。
バックアップというものは、パソコンを使用する限り、常に使う必要があると考えるべきですから、ソフトウェアをインストールしておいて自動でバックアップできるようにしておくことがよいでしょう。
バックアップソフトは、フリーソフトとしてもたくさん出回っています。
自分で使ってみて、使いやすいものを選んでください。
どのような形でもかまいませんが、バックアップの重要性だけは忘れないようにしましょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 月曜日, 1月 18, 2010

Categories: HDD 修理   Tags: , , , ,

HDDを長く使う

パソコンは年々新しい機種が登場します。
HDDも大容量化の一途をたどっています。
しかし、安くなったとは言え10万円弱のパソコンですから、できるだけ長く使うことを感がえるべきでしょう。
長く使うことを考えた場合は、やはりHDDの寿命というものが一番短いと言えます。
いかにHDDを長持ちさせるかということになるのです。
HDDの敵は衝撃、熱、埃、水分などです。
衝撃はパソコンを落としたりしなければ、まず考えなくてもよいでしょう。
ノートパソコンを持って振り回す人はいないはずです。
子どもなどに持たせてはいけません。
熱は埃とも関係しますが、できるだけ通気を良くしておくことが大事でしょう。
パソコンの底面は熱くなりますから、机との間に隙間ができるように台などを工夫するだけで、かなりの効果が期待できます。
小さな扇風機を回してやれば、さらに効果が出ます。
そして最後は水です。
パソコンをしながらコーヒーを飲むという人は多いかもしれませんが、非常に危険な状態にあるということを理解しておかなければなりません。
一度こぼしてしまうと、HDDだけではなくパソコン全体が大きなダメージを受けてしまいます。
乾かせば元に戻る場合もありますが、二度と起動しないということも十分考えられます。
やはり、パソコンの近くで飲食をするということは、お勧めできませんね。
パソコンで仕事をやっているのであれば、職人の道具という意識を持って、大切に使っていくことが大事ではないでしょうか。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 日曜日, 1月 17, 2010

Categories: HDD 修理   Tags: , , , ,

HDDの交換

パソコンに内蔵されているHDD(ハードディスク)が何かの原因で故障した場合は、パソコンが立ち上がらないということになります。
軽傷であれば、データを修復することで元に戻りますが、最悪の場合はHDDを新しいものに交換する必要が出てきます。
HDDの交換というものは、実は簡単なのです。
要するにHDDは交換することを前提にして、パソコンが作られているということなのです。
新しいHDDを買うのであれば、せっかくの機会ですから、容量を大きくするといったことも考えてよいでしょう。
もちろん、HDDには様々なタイプがありますから、自分のパソコンに合ったHDDを購入しなければなりません。
これはメーカーのホームページやパソコンショップなどで確認する必要があります。
ノートタイプのパソコンであれば、本体を裏返すと、爪のようなものがあって、それをスライドさせるだけでHDDを取り出せるような構造になっているものがほとんどです。
HDDの交換は簡単ですから自分でやってもよいでしょう。
もし、不安ならばHDDを購入するパソコンショップなどに依頼すれば、すぐに交換してくれるでしょう。
HDDの部品の交換は簡単なのですが、実はこれからが大変なのです。
購入したばかりのHDDの中身は空っぽです。
ですから、この中にWindowsのプログラムや、後から追加したソフトウェアなどをインストールする必要があります。
Windowsはパソコンに添付されていた「修復ディスク」といったものをCDに差し込んでパソコンを立ち上げれば、インストールが始まります。
その他のソフトウェアは個別に行わなければなりませんから、作業は一日仕事となるでしょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 土曜日, 1月 16, 2010

Categories: HDD 修理   Tags: , , ,

HDDと埃

パソコンのHDDの中は顕微鏡でしか見ることのできないような微細構造になっています。
ですから、埃などが大敵といえるでしょう。
もちろん、タバコの煙は故障の原因になってしまいます。
そのようなHDDですから、ケース全体が密閉構造になっています。
埃を遮断しているのです。
一般的にもパソコンを使用する時に、タバコを吸うということは悪いということは理解されているのではないでしょうか。
パソコンの中は様々な部品がありますが、かなり小さな筐体に押し込められていますから、空気の流れによっていたるところに埃がたまっています。
可能であれば、パソコンを開けて掃除をしてやることで、HDDや他の部品の寿命を延ばすことができるでしょう。
埃が溜まってしまいますと、空気の流れが止められて熱がこもりますから、ファンが強力に回り出します。
ファンの音を聞いただけで、異常事態であるとわかるでしょう。
買ったばかりのパソコンであれば静かなのですが、ファンの音がうるさいと感じたならば、間違いなく埃がたまっています。
パソコンの中はせまいですから、歯ブラシなどを利用して掃除をするとよいでしょう。
もちろん、掃除の時には電源を落としておかなければなりません。
埃がHDDの中に入ってしまうということは、その構造を考えると可能性は低いでしょう。
埃が溜まることで、熱の逃げる場所がなくなり、HDDが熱くなってしまうことでの故障が可能性としては高いと考えられるのです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 金曜日, 1月 15, 2010

Categories: HDD 修理   Tags: , , ,

HDDのバックアップの方法

HDDはパソコンの記憶媒体として一番ポピュラーですし、一番大容量でもあります。
このHDDのデータをバックアップするには、それ以上の容量を持ったものが必要です。
しかし、実際にバックアップする必要のあるものは、マイドキュメントに入っているワードの文書やエクセルのデータ、画像や音楽といったものに限られるでしょう。
Windowsのファイルなどは、パソコンを購入した時にDVDなどで提供されていますから、すでにバックアップされているとみなすことができます。
バックアップのための容量や時間を節約するためにも、不必要なデータのバックアップは避けるべきでしょう。
自分で作成したファイルだけに限りますと、それほどの容量は必要ありません。
また、バックアップの方法として、更新されたファイルだけをバックアップするという方法もあります。
毎回、すべてのファイルをコピーするということは時間もかかりますから、ファイルの日付を見て、更新されたものだけをコピーすることで素早くバックアップができるのです。
バックアップソフトでは、このような処理を自分の用途に合わせて選択することができます。
また、バックアップそのものを自動化して、毎日自分の知らないうちに実行させるということも可能なのです。
手動で毎日行うことはたいへんですから、自動バックアップに設定することを強くお勧めします。
バックアップすべきフォルダを絞り込んでしまえば、バックアップなどは簡単に終わってしまうのです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 木曜日, 1月 14, 2010

Categories: HDD 修理   Tags: , , , ,

次ページへ »